白い家族の黒い影

皆さんは虫歯というものを知っているだろうか。

とても恐ろしいものなのである。今回は長い戦いの末、虫歯に勝ちを譲ることになったのである。ただ、歯1本が犠牲になってしまったのである。

突然の出来事だったのである。内戦レベルだったのにいきなり世界大戦になったのである。そしてその日に負けを認めたのである。

治療に行ったら行ったで、初めての歯医者に行くと問診票?みたいなのを書かされたのである。書くのはいいのだが、項目が多いのである。歯が痛いのである。しょうがないのはわかっているのだが、もっと項目を少なくしてほしいのである。ちなみに30項目はあったのである。書いているうちに痛すぎて駄々をこねそうになったのである。なっただけでやってはいないのである。当然恥ずかしいからである。

治療に進み、一言目が「あーダメですね。」である。病院で言ってはいけない言葉NO1だと思っているのである。そして、そっと書類を渡されサインをさせられ、歯がなくなったのである。

ここまでで何が言いたかったかというと、皆さんは虫歯にならないように注意しようということである。

雑談の最新記事8件