遅咲きスタート

私は本日、本屋に来ていた。そう、投資の勉強をするための本を探しに来たのです。

今年に入り、為替や株といった投資の勉強をしようと意気込んでから早7ヶ月。とうとう勉強をし始める私である。明日から本気出すというレベルではない遅さなのである。

早速、投資関係の本が置いてある場所に足を進め、大量の本を目の前にしてひとつ思ったことがある。『何から読めばいいのだろうか?』面白そうな本が大量にありすぎて投資をスタートする人が読む本がわからない私であった。ウロウロしながらいろんなタイトルを見ていると、きになるタイトルを見つけた。お、面白そう。あと本が苦手な私でも苦にならず読めそう。そんなことから本日買う本が決定しました。

見事私が買いたい本NO1に輝いたのは『金持ち父さん貧乏父さん』です。おめでとうございます!

早速家に帰ってブログを書くさっきまで本を読んでいた。5時間近く本を読みわかったことはこれである。

『投資は大事』

以上である。本に謝って欲しいのである。完全に宝の持ち腐れである。そんなこんなで私の投資生活はスタートしたのである。

『スタートはこれくらいでいいのかな。』

投資の最新記事8件